リアルな造形はあまり得意ではないのですが、自分なり、紙工作なりにに大胆にデフォルメしても魅力とアイデンティティを失わないところがキャラクターの持つ力だと信じて、遠慮せずに作っています。